Top >  関西人気のビアガーデン >  ビアガーデンについて

ビアガーデンについて



こちらは、おすすめです!!

ビアガーデンについて

夏といえばやっぱりビール
疲れた体、ほてった熱い体に冷たいビールが入る瞬間は
まさに至福のときです。

なかでも、開放的な雰囲気でみんなで楽しみながら
ビールが飲めるビヤガーデンは最高ですよね。

『屋上でのビアガーデン』だけでなく、
最近は『屋外』で『お料理も楽しみながら』や
『イベントや大型テレビでスポーツの
観戦をしながら』などさまざまな楽しみ方も増えてきています。


そもそも・・・
ビアガーデンの起源は、
1953年に大阪第一生命ビルにオープンした
屋上ビアガーデン「ニュー・トーキヨー」といわれていますが、
1875年にすでに国内あった「スプリング・バレー・ビヤ・ガーデン」では、
屋外でビール厚手のグラスに柄が付いたジョッキで
提供していたようです。
夏のビールの楽しみ方は、今も昔も変わらないようですね。


ビアガーデンのお店で飲む量は、ジョッキ2〜3杯が主流。
ここ近年は、仕事帰りのサラリーマンだけでなく、
女性同士のグループや、友人・家族など
プライベートでビアガーデンを楽しむ姿もよくみかけます。

ビアガーデンではお料理も1品ものを注文していく形のみならず、
バイキング形式で和・洋・中を一度に楽しめたりするビヤガーデンもあります。
中でも、やっぱり定番の枝豆や冷奴など、和風メニューの人気は不動。
『飲む』だけでなく、『食べる』事も楽しむようになってきたようですね。


あと余談ですが・・・
東京・大阪・名古屋・福岡などの都会で、
仕事帰りに飲むビアガーデンでのビールもいいですが、
是非おすすめなのが日本最北・北海道でのビール!
北海道・札幌の夏は湿度が低く、からっとしていて過ごしやすい。
7月・8月は大通公園をはじめ、街中にビアガーデンがあふれるので
ビール好きにはたまらない。
樽出しのビールを買って、芝生に寝転びながら飲むビールは最高です。
ぜひ試してみてください。

関西人気のビアガーデン

関西(大阪・兵庫・和歌山・京都・奈良・滋賀)で人気のビアガーデンをご紹介

関連エントリー

ビアガーデンについて
ビアガーデン(大阪・兵庫・京都